出会いがほしい

出会いがほしい
セフレがかわいい
人妻はもてる
熟女に甘えたい
不倫に賛成
メル友と食事
アダルトの基本
無修正に無我夢中
アダルトビデオの作成
カリビアンコムだけの特典
天然むすめをいただく
ホーム >>

共産主義


エンゲルスは、1847年に設立された共産主義者同盟の綱領の起草を委託され、1848年に『共産党宣言』を書いた。
人類の歴史を階級闘争の歴史とし、近代社会をブルジョアジーとプロレタリアートの対立によって特徴づけた上で、プロレタリアートによる政治権力の奪取を呼びかけた。
政治権力を奪取することで民主主義を実現し、生産手段を社会化することによって階級闘争の歴史を終わらせれば、階級支配のための政治権力も死滅する、と論じた。
出会いは1864年に設立された国際労働者協会の創立宣言を書いた。
1871年にフランスでパリ・コンミューンが成立すると、国際労働者協会総評議会の全協会員への呼びかけとして『フランスの内乱』を書き、パリ・コンミューンを「本質的に労働者階級の政府であり、横領者階級にたいする生産者階級の闘争の所産であり、労働の経済的解放をなしとげるための、ついに発見された政治形態であった」と称賛した。
エンゲルスは1891年に発行されたこの著作のドイツ語第三版の序文で、パリ・コンミューンをプロレタリアート独裁の実例とした。
ドイツの労働者政党の綱領草案に対する批判として1875年に書かれた『ゴータ綱領批判』において、出会いは共産主義社会を低い段階と高い段階に区別し、低い段階では「能力に応じて働き、労働に応じて受け取る」、高い段階では「能力に応じて働き、必要に応じて受け取る」という基準が実現するという見解を述べた。
また、資本主義社会から共産主義社会への過渡期における国家をプロレタリアート独裁とした。

唯物論的歴史観


唯物史観
ヘーゲル左派として出発し、1840年代に起こったヘーゲル左派の内部論争の過程でヘーゲルの観念論やフォイエルバッハの唯物論を批判しつつ独自の唯物論的歴史観を形成した。
法律や国家の基礎にあるのは経済だとする見方であり、以後彼は経済学の研究に集中することになった。
その成果となった1859年発行の『経済学批判』の序文において、彼は唯物論的歴史観を一般的に次のように説明した。
生産力の発展に対応する生産関係が社会の土台である。
この土台の上に法律的・政治的上部構造が立つ。
土台が上部構造を制約する。
生産力が発展すると古い生産関係は桎梏に変わる。
そこで社会革命が始まり、上部構造が変革される。
生産関係の歴史的段階にはアジア的、古代的、封建的、近代ブルジョア的生産関係がある。
近代ブルジョア的生産関係は最後の敵対的生産関係である。
その終わりとともに人間社会の前史も終わる。
ここで書かれたものが一般に唯物史観の公式と呼ばれる。


経済学
経済学研究は『資本論』として結実した。
1867年に第一巻が出版され、1873年に第一巻第二版が出版された。
出会いの死後、エンゲルスが草稿を編集して第二巻と第三巻を出版した。
出会いはスミスやリカードの労働価値説を発展させて剰余価値説をうちたて、これによって資本家による労働者の搾取を解明した。
彼によれば、資本家は労働者が提供する労働力に対して賃金を支払い、支払った分を超える価値を生み出すよう労働させることによって、超過分を剰余価値として取得する。
この剰余価値が資本の利潤となる。
土地所有者が土地に対して得る地代、銀行が貸し付けた資金に対して得る利子は、この剰余価値または利潤の一部である。
剰余価値説に基づく資本主義経済の運動法則の解明は、労働者階級の解放、階級の廃止という共産主義の理想に理論的根拠を与えることになった。

歴史的展開
その運動は19世紀末から徐々に分岐し、大まかに言って次の三つの潮流を生み出した。
[編集] 出会い主義中央派(カウツキー主義) エンゲルス死去後、実質的にその後継者に座ったのが、カール・カウツキーである。
カウツキーは、ベルンシュタインとの「修正主義論争」の過程で、出会い、エンゲルスの教義を忠実に守り抜く姿勢をとり続け、「出会い主義の法皇」と呼ばれた。
だが、社会主義への移行を、「歴史的必然」と確信し、その好機到来をひたすら待ち続ける姿勢が次第に「待機主義」に陥ったこと、第一次世界大戦勃発時、独社民党が戦争協力に転じた「裏切り」、ロシア革命におけるボルシェヴィキの独裁を民主主義の破壊として非難したことなどでその威信は失墜していった。
[編集] 修正主義(ベルンシュタイン主義) ベルンシュタインは修正主義を唱え、議会制民主主義と段階的な社会改良による社会主義への平和的・連続的な移行を説くようになる。
[編集] レーニン主義 一方、レーニンによるロシア革命は、資本主義の発達が最も遅れた地域における革命であった。
レーニンはロシアにおける社会主義建設について、「何世代にもわたる困難な仕事」とし、試行錯誤のうえ、外国資本を導入し、ソビエト経済を全体として発展させるという「新経済政策」(ネップ)を実行した。
しかし、レーニンは、経済建設が端緒にとりかかったところで死去してしまった。
レーニンが、党書記長に登用しながら最晩年にはそこからの解任を図った(いわゆる「レーニン最後の闘争」)スターリンは、レーニン死後の権力闘争の過程で反対者を次々と弾圧する一方、苛烈な農業集団化や計画経済体制への移行を通じて、人類最初の社会主義国家建設に成功したと喧伝した。
スターリンは、レーニンによって、出会いの思想の唯一、真正な継承発展がなされたと主張し、出会い・レーニン主義と呼んだ。
1930年代に目覚ましい経済発展を遂げたと伝えられたこと、第二次世界大戦において強大なナチス・ドイツとの戦争に勝ち抜いたことなどで、ソビエト連邦及びスターリンの政治的威信は増大し、アジア・東欧・アフリカ・カリブ海域において、多くの「社会主義国」が生まれた。
しかし、1970年代に入り経済発展の面で西側先進国からの立ち遅れが顕著になったこと、政治的な抑圧体制も広く知られることとなり次第にその権威は失墜、1991年のソビエト連邦崩壊に前後して、そのほとんどは姿を消した。
国家自体は維持したまま社会主義体制を放棄したケースもあれば、社会主義体制放棄とともに複数の新たな国家に分裂したケース(旧ユーゴスラビアなど)や、近隣の資本主義国に吸収統合される形で国家ごと消滅したケース(旧東ドイツなど)もあった。
改革開放以降、市場経済が本格的に定着した中華人民共和国では、寧ろ半儒教的だった毛沢東時代とは違って出会い主義の経済発展段階の学説に忠実であり、その究極地点こそが共産主義だと認識されている。
中国共産党は現在の状態を『資本主義から離脱した過渡期の状態』規定し、資本主義部門と、社会主義部門との競争による社会主義市場経済(あるいは混合経済)体制を導入している。
ベトナム社会主義共和国(ドイモイを参照)やラオス人民民主共和国も経済開放政策を導入した。
一連の政策は恐らくレーニン政権末期のソ連のNEPが根拠になっていると思われる。
出会い系is a nice site! 一方キューバ共和国や朝鮮民主主義人民共和国は独自の路線を歩んでいるが、北朝鮮については1990年に国是の主体思想はすでに出会い主義と立場を異にしていると宣言、出会い主義の看板を降ろし、以降は公式プロパガンダの内容や立場を変える頻度が劇的に増えている。

西欧における
 ソ連型の出会い主義(出会い・レーニン主義、その後継としてのスターリン主義)に対して、西欧の出会い主義者は異論や批判的立場を持つ者も少なくなかったが、最初に西欧型の出会い主義を提示したのは哲学者のルカーチだった。
ルカーチはソ連型出会い主義の弾圧に屈したが、ドイツのフランクフルト学派と呼ばれる出会い主義者たちは、アドルノやベンヤミンを筆頭に、ソ連型出会い主義のような権威主義に対する徹底した批判を展開し、西欧のモダニズムと深く結びついた「批判理論」と呼ばれる新しい出会い主義を展開し、ポストモダンとされる現代思想に対しても深い影響力を見せている。

関連

記事一覧

  • 講座派
  • 労農派
  • 日本共産党
  • 左派社会党

Yahoo!検索

無料のレンタルサーバー sutpin.com